マルキヤ
059-227-0001
9:00~20:00

お寺の娘と質屋さんの息子

お見合い当日

お寺の娘と質屋さんの息子!?

似ても似つかないイメージに、

なんて畑違いな二人なのかしら・・・

 

そんなことを思いながら、

お話をしている最中、

じっと私の話を聞いていた今の主人。

 

英語の話題になったとき、

お互い、英語で苦労した時期、

お互い、英語でコミュニケーションがとれる喜び、

お互い、英語で異文化交流による視野の広がりとその大切さ、

を共有していると、

 

じっと話を聞くようになったのは、

英語を学んだ苦労からたどり着いた副産物、

と、主人の言葉。

経験豊かで苦労を積んできた父が、

檀家の皆様の話をじっと聞く姿勢と重なり、

どこか同じ色を感じていると、

質屋の始まりはお寺なんです、と主人の一言。

 

それはどういうこと・・・

お寺が質屋さん!?

わたしの心は親近感と好奇心でいっぱいに・・・

 

 

明日香