マルキヤ
059-227-0001
9:00~20:00

青春、なんで青なの?

色を使った表現で疑問なもの、次は青。

誰もが知っている「青春」という単語。

「青春」と聞くと若さがみなぎっているように

感じますが、

 

では、なぜ、

赤春ではなくて、黄春ではなくて、

黒春ではなくて、

「青春」と青色なのでしょうか?

 

青というと若さを連想しますが、

「青春」の青は若いという意味でついているのではなく、

以前、私のブログでも取り上げたことのある、

陰陽五行思想に関係しているのだとか。

 

陰陽五行思想とは、

陰陽思想と五行思想の2つが融合してできた思想で、

 

陰陽思想とは、

この世のものは、陰と陽の2つから出来ている、という考え方で、

すべての物は対になって存在しているという思想。

男と女、明と暗、長所と短所といった具合です。

 

五行思想とは、

この世のものはすべて、木、火、土、金、水

から出来ているという考え方。

 

以上の2つの思想が融合して、陰陽五行思想が生まれ

この思想の中で

人間の人生は15~29歳は春、30~44歳が夏、

45~64歳が秋、そして65歳以降を冬としている。

また、春は青、夏は朱、秋は白、冬は黒としている。

 

だから、

15歳~29歳は春で、春は青なので

結果として、若いころの事を青春

と呼んでいるということになるのだそう。

 

多くの東洋人は、

赤ちゃんの時、おしりに蒙古斑(青あざ)が現れ、

成長に連れて消えていくので、

成長していない人を形容する時に、

蒙古斑が残っている = まだ青あざがある = 成長していない

だから、成長していないあなたはまだ青い、

といった意味が青春に含まれているのかなぁと思ったら、

そうではなかったみたい。

 

 

明日香