マルキヤ
059-227-0001
9:00~20:00

ダイヤモンドの査定 パート40 (Cut Grading)

2022年11月2日 17:52:07 更新

前回に引き続き、

石を見るだけで

おおよそのテーブルサイズを見極める方法

The Ratio Methodをお伝えします。

 

上記の図のAの直線を1とした時、

Bの直線がその何倍になるかを

目測で判断してテーブルサイズを導きだすのが

The Ratio Methodであることをお伝えしました。

 

では、Bの直線の長さが変化すると、

テーブルサイズがどのように変化するか

見てみます。

 

上図は、前回お伝えした、

Aの直線を1、Bの直線を1とした時、

Aの直線は、Bの直線の1倍。

つまりAの直線とBの直線が同じ長さの時を

表しており、このテーブルの大きさは54%

となっています。

Aの直線の長さ=Bの直線の長さ=54%

 

 

では、Aの直線よりBの直線を長くしてみます。

上図は

Aの直線を1、Bの直線を1.25とした時を表しています。

つまり、

Bの直線が、Aの直線の1.25倍長い時

を表しており、

テーブルサイズを実測して割り出すと

60%になるため、

Aの直線の1.25倍がBの直線となるときは、

テーブルサイズは60%になると推定できます。

 

Aの直線の長さの1.25倍=Bの直線の長さ=60%

 

2つの図を並べてみました。

Bの直線の長さが

Aの直線の1.25倍となった時、

つまり、テーブルサイズが54%から60%に変化した時、

ダイヤモンドをフェイスアップにしたときの見え方が

どのように変化しているかお分かりいただけると思います。

 

つづく・・・

 

マルキヤ質店 G.I.A. G.G.(米国宝石学会公認鑑定士)蔡 彰訓

 

←ダイヤモンドの査定 パート39 (Cut Grading)